エアークローゼットとエディストクローゼットの違いを比較してみた

エアークローゼットとエディストクローゼットを比較して、違いをまとめてみました。
エアークローゼットもエディストクローゼットも綺麗めオフィスカジュアル中心のファッションレンタルなので、どちらがより自分に合うのか考えている方も多いと思います。

 

エアークローゼットの大きな特徴は、スタイリストが服を選んでくれることです。
エアークローゼットは洋服屋さんではないのでバイヤーが各ブランドから服を購入して、それをスタイリストが会員の好みやサイズ情報等に合わせて似合う服を選んでくれています。

 

エディストクローゼットの特徴は、4アイテムが予めセットされたランナップ11種類の中から自分で選ぶことです。エディストクローゼットは自社ブランド服のレンタルなので、用意された11セットはどれもデザインテイストや生地や縫製の高いクオリティは統一されています。

 

エディストクローゼットEセットIセット

 

又、エディストクローゼットには「カスタムセット」というシステムもあります。「カスタムセット」は11種類のラインナップに登録されている44アイテム+カスタムセット限定アイテムの中から、自分で自由に組み合わせて4点借りられる自由度の高いレンタル方法です。

 

エアークローゼットとエディストクローゼットの最も違うポイント
重要項目服はスタイリストが選ぶ→エアークローゼット
重要項目服は自分で選ぶ→エディストクローゼット

 

 

エディストクローゼットとエディストクローゼットのレンタルシステムやレンタル内容の違い

エアークローゼットとエディストクローゼットの大きな違いを把握するだけで、どちらが自分に向いているのか判断出来る方も多いと思います。
今度はエアークローゼットとエディストクローゼットのレンタルシステムの違いやレンタル数の違いについて、比較表にまとめてみました。

 

比較項目 エアークローゼット エディストクローゼット
レンタル服選び スタイリスト 自分
1度に借りられるアイテム数 3点 4点
レンタル回数

レギュラープラン:借り放題
ライトプラン:月1回

1ヵ月毎に交換
レンタル返却期限 なし 次のアイテム発送前までに返却

 

重要項目エアークローゼットのアイテム数3点は、通常下記のどちらかです。
トップス2点+スカートorパンツ1点
トップス1点+スカートorパンツ1点+ワンピース1点

 

重要項目エディストクローゼットのアイテム数4点は、通常下記のどちらかです。
トップス2点+スカート1点+パンツ1点
トップス2点+スカートorパンツ1点+ワンピース1点

 

エディストクローゼットでカスタムセットを選んだ場合はアイテムの種類も自分で自由に決められます。例えばスカート4点でもOKです。

 

エアークローゼットとエディストクローゼットの料金比較

エアークローゼットとエディストクローゼットのレンタル利用料金の比較をします。
エアークローゼットもエディストクローゼットも月額制で、借り方でレンタル価格に違いがあります。エアークローゼットもエディストクローゼットもまとめ払い(複数月契約)で割引があるのも一緒です。

 

エアークローゼットのまとめ払いはレギュラープランのみ適用されていて、ライトプランにはありません。

 

エアークローゼットとエディストクローゼットではまとめ払いの設定期間が違い、単純に比較しずらいので、まとめ払い(複数月契約)の場合は実質月額も表記しました。又、その金額で何アイテム借りられるのかも重要情報なので加えています。
表の金額は全て税抜価格です。

 

金額とアイテム数の比較 エアークローゼット エディストクローゼット
1ヵ月の月額

ライトプラン
6800円
3点
レギュラープラン
9800円
借り放題

トライアルプラン
8800円
4点
(注意:1ヵ月限定プラン)

3ヵ月契約の実質月額 9467円(28400円)

借り放題

8300円(24900円)

4点

エアクロ5カ月契約/エディスト6ヵ月契約の実質月額 9300円(55800円)

借り放題

7500円(45000円)

4点

エアクロ10カ月契約/エディスト12か月契約の実質月額 8820円(88200円)

借り放題

7300円(87600円)

4点

レンタル返送料金 1回毎に別途300円 0円

 

エディストクローゼットのトライアルプランは1ヵ月限定の入会方法で、1ヵ月以上はトライアルプランを継続することは出来ません。
トライアルプランはエディストクローゼット側が選んだセットが届く、自分で11セット中どのセットをレンタルするか選べないプランでもあります。

エアークローゼットとエディストクローゼットのそれぞれに向いている人

エアークローゼットとエディストクローゼット、レンタルアイテムはどちらも綺麗目オフィスカジュアルですが、システムの違い、金額の違いがあります。
エアークローゼットとエディストクローゼットの特徴からどういう人に向いてるのかをまとめてみました。

 

★エアークローゼットが向いている人
重要項目自分で服を選んだり、買いに行く時間がない
重要項目自分が何が似合うのか分からない、又はいつも迷う
重要項目沢山の服を試したい
重要項目何が届くのか分からない方が楽しいと感じる

 

★エディストクローゼットが向いている人
重要項目服を買いに行く時間はないが限定された中からなら選びたい
重要項目自前アイテムにプラスする服をレンタルしたい
重要項目レンタルアイテムやレンタル回数は多くなくていい
重要項目月額料金を抑えたい

 

エアークローゼットは何が届くのか分からない期待感や驚きがあるのに対して、エディストクローゼットには自分で選んでいるので全部使えるアイテムという安心感がありますね。どちらも魅力的な特徴ですし、両方でカバーしあえたりもします。
エアークローゼットとエディストクローゼットを併用して利用するという選択肢もあるのでご紹介しておきます。

 

エディストクローゼット届いた状態

 

実は私はエアークローゼットと併用でエディストクローゼットも利用しています。
エディストクローゼットでは常に「カスタムセット」を選んでいます。エアークローゼットでは何が届くかレンタルボックスを開けてみるまで分からない事も、カスタムセットを選んでいる理由の一つです。
エディストクローゼットのアイテムは全て、ベーシックだけど流行も少し取り入れた、縫製や生地のクオリティも良い、綺麗目オフィスカジュアルなので、使い勝手がとてもいいです。自分で画像やアイテム着用動画を見て選んでいるので、アイテムにハズレがなく全て使えるのがいい点のひとつと感じています。

 

エアークローゼットとエディストクローゼットの両方を利用する事で季節毎の普段着服の買い足しがなくなりましたし、クローゼットの中身も衣替えのスペースが大幅に減ったので、だいぶスリムになりました。
クリーニング代が一切ないのはかなりの節約になっていると実感していますので節約という点でも、エアークローゼットとエディストクローゼットの併用はお勧めですよ。

 

★エアークローゼットとエディストクローゼットの併用利用のいい点
重要項目普段着服の購入がほとんど必要ない
重要項目洋服のクリーニング代がほとんど必要ない
重要項目衣替え服の収容スペースが大幅に減る
重要項目毎年シーズン毎に違う服が着れる

 

 

重要項目気になったら公式サイトチェック!

エアークローゼット

 

エディストクローゼット